戸籍謄本は、どこの役所でも取得できるわけではなく、
その戸籍の本籍地の市役所(町役場)でのみ取得できるものです。

もし、戸籍の本籍地が、市外や県外の場合、
そこの市役所(町役場)に出向いて取得することになります。

しかし、市外や県外の市役所(町役場)まで、
出向いて行くのは、交通費やいろいろな事情から、
難しいものです。

では、そのような場合、どうすれば良いのかですが、
戸籍謄本を郵送で取り寄せすることができます。

具体的には、戸籍の請求用紙などを、窓口で提出するのと同じように、
戸籍の本籍地の市役所(町役場)宛てに、
郵送で送れば、請求書類に不備が無ければ戸籍が返送されてきます。

ただ、戸籍謄本を取り寄せる場合には、基本的には、
窓口で戸籍謄本を取得する時と同じものが必要になるのですが、
郵送で送ることになりますので、細かい部分が違ってきます。

たとえば、窓口で戸籍謄本を1通取得する時には、
その手数料450円分を現金で支払うことができるのですが、
郵送で送る場合には、現金ではなく、定額小為替を送ることになります。

また、窓口であれば、戸籍謄本を直接受け取ることができるのですが、
郵送で取り寄せする場合には、
こちらで切手を貼った返信用の封筒を同封しなければなりません。

ここで、戸籍謄本を取り寄せする場合に必要な書類を、
ざっとですが、一覧で挙げてみます。

・ 戸籍謄本の請求用紙(それぞれの市役所に専用の用紙があります)

・ 定額小為替(戸籍謄本の発行手数料分の定額小為替が必要です)

・ 返信用封筒(自分宛ての封筒で、切手を貼った封筒が必要です)

・ 本人確認書のコピー(運転免許証などのコピーが必要です)

・ その他の必要書類(相続の場合、相続関係がわかる戸籍のコピーも必要です)

戸籍謄本を取り寄せするには、
少なくとも、以上の5点が必要になってきます。

スポンサーリンク


戸籍謄本を取り寄せする場合には、
正当な義務 または 権利と、正当な理由が無ければ、
市役所から戸籍謄本を発行してもらえません。

また、市役所宛てに郵送で戸籍請求書類を送ったとしても、
上記の5点の内、ひとつでも不足しているものがあれば、
同じく、市役所から戸籍謄本を発行してもらうことができません。

そして、正当な権利と正当な理由が無い場合や、
戸籍の請求書類が不足している場合には、
同封の返信用封筒で、そのままあなた宛てに送り返されることになります。

ただ、普通は、戸籍謄本の請求用紙の中で、
自分の電話番号を記入する欄に、きちんと電話番号を記入していれば、
不足等があった場合には、まず、役所の担当者から電話連絡があります。

しかし、稀に、電話連絡しないで、
そのまま送り返してくることもありますので、
戸籍謄本の請求書類については、不足などが無いように確認が必要です。

もちろん、もともと、戸籍謄本を取得する正当な権利や、
正当な理由が無ければ、いくら戸籍謄本の請求書類に不足がなくても、
戸籍謄本を発行してもらえませんので、その点にも注意が必要です。

ちなみに、戸籍謄本の手数料代を支払うための、
定額小為替についてですが、
ゆうちょ銀行のある郵便局の窓口で買えるようになっています。

もし、何通か戸籍謄本等を取り寄せしたい場合には、
手数料が不足にならないように、
ある程度多めに定額小為替を買って、同封しておくと良いでしょう。

なぜなら、手数料に少しでも不足があれば、
やはり、市役所から戸籍謄本を発行してもらえませんので、
再度、郵送で追加の定額小為替を送らなければならなくなります。

以上のように、郵送で戸籍謄本を取り寄せするには、
窓口で取得するよりも、いろいろと手間がかかる作業となっています。

スポンサーリンク