戸籍謄本は、その戸籍の本籍地の役所でもらえる書面です。
そのため、住んでいる地域の役所で、
必ずもらえる書面というわけではありません。

もし、取りたい戸籍の本籍地の役所が、
住んでいる地域の役所と違っていれば、
住んでいる地域の役所では、戸籍謄本をもらうことはできないからです。

逆に、取りたい戸籍の本籍地の役所が、
住んでいる地域の役所と同じであれば、
その役所で戸籍謄本をもらえます。

なお、本籍地というのは、
A市B町○○番といった感じで、
人の住所と非常に似ているのですが、あくまで、戸籍の住所のことです。

つまり、戸籍の本籍地というのは、
住んでいる地域や、住んでいた地域、という意味とは違い、
戸籍のある住所、と言えます。

そのため、戸籍謄本はどこでもらえるのか?について、
正確に知るためには、まず、
取りたい戸籍の本籍地(=戸籍の住所)を、正確に知る必要があるのです。

スポンサーリンク


また、戸籍謄本をもらうことができる役所というのは、
その戸籍の本籍地の役所1カ所のみです。

逆に言えば、戸籍の本籍地の役所以外では、
もらうことができない書面です。

たとえば、住民票であれば、
近くの役所や、近くの役所の窓口センターで、
住民票に載っている本人であれば、比較的簡単に取得できます。

しかし、戸籍謄本については、
もらえる場所が、
戸籍の本籍地の役所内の担当部署のみとなっているのです。

ちなみに、戸籍謄本の発行を行っている役所を、
具体的に言いますと、
市役所、区役所、町村役場になります。

もし、戸籍の本籍地が○○市・・・であれば、
その地域の市役所でのみ、
戸籍謄本をもらうことが可能です。

もし、戸籍の本籍地が○○市○○区・・・なら、
その地域の区役所でのみもらうことができます。

そして、戸籍の本籍地が○○町(又は村)・・・であれば、
その地域の町役場(村役場)でのみもらえるということです。

ただ、市役所や区役所、町村役場では、
戸籍の管理や戸籍謄本の発行事務を行っている戸籍住民課、
または、市民課などと呼ばれている部署があります。

そのため、戸籍謄本をもらうためには、
役所内の戸籍謄本の発行事務を行っている部署に、
手続き書類を提出して、戸籍謄本を発行してもらう流れになるのです。

もし、戸籍の本籍地の役所が遠方で、
直接出向くことができない場合には、
郵送によって、戸籍謄本を取り寄せることも可能になっています。

ただ、役所に直接出向く場合も、
郵送で戸籍謄本を取り寄せる場合でも、
戸籍謄本をもらうためには、役所に提出すべき必要な書類があります。

そのため、戸籍謄本をもらうための必要な書類が整っていなければ、
たとえ戸籍の本籍地の役所に行ったとしても、
戸籍謄本をもらうことができない、といった事態になるわけです。

スポンサーリンク