戸籍謄本を取得したい人が、
仕事や、他のいろいろな事情で忙しくて、
本人がなかなか取りに行けないこともあります。

また、本人が戸籍謄本等を取得するには、
そのための必要な書類や、手順があるので、
よくわからないといったこともあります。

そのような時には、信頼のできる人に、
戸籍謄本等の取得を、委任することが可能です。

また、委任できる人とは、
家族や親戚、知人の誰かでもかまいませんし、
まったくの他人でもかまいません。

ただ、委任した場合には、
その委任を受けた人が役所への戸籍の請求者となりますので、
その人の身分証明書の提示が必要になります。

もし、委任を受けた人が、自分の身分証明書を役所に提示できなければ、
その人は、たとえ戸籍の取得のための委任を受けていたとしても、
役所から戸籍謄本等を発行してもらえないのです。

そういったことからも、戸籍の取得を委任する時には、
運転免許証や健康保険証などを保有していて、
きちんと身分を証明できる人を選ぶべきなのです。

スポンサーリンク


また、戸籍に載っている本人以外に、
戸籍の取得を委任する時には、
通常、委任状が必要になります。

委任状の内容としては、委任者の住所と氏名、
受任者の住所と氏名、委任した年月日、
戸籍の取得を受任者に委任する旨が記入された委任状となります。

なお、委任状には、委任者の氏名の横に、
委任者の印が押されたものでなければなりません。

この委任者の印については、
できれば実印が好ましいですが、認印でもかまいません。

そして、受任者が、委任者の代わりに役所に出向いて、
戸籍謄本等の請求をする時に、
戸籍請求用紙などと一緒に、委任状も提出する流れになります。

その時に、上記の内容の委任状が無いのに、
口頭で委任を受けていることを役所の担当者にいくら伝えても、
戸籍謄本等は発行してもらえません。

昔と違って現在では、戸籍謄本等の発行については、
1つ1つの書類に細かいチェックが入りますので、委任状が無かったり、
委任状の記載内容に不備があれば、対応してもらえないのです。

そのため、戸籍に載っている本人以外の人が、
戸籍謄本等の取得をする時には、必要な内容が記載された委任状と、
受任者の身分を証明することができるものが、最低限必要なのです。

なお、受任者が戸籍謄本等を取得する時には、
委任状や、身分証明書だけでなく、
戸籍の請求用紙や、手数料を支払う現金、
受任者の印も必要になります。

そして、戸籍の請求用紙には、
戸籍謄本等が必要な人との関係を記入する箇所がありますので、
そこへ代理人と記入することになります。

つまり、本来は、戸籍謄本等が必要な人が請求者になるのですが、
委任を受けた人が、その戸籍謄本等を請求する時には、
受任者が請求代理人になるということです。

スポンサーリンク